習志野市・津田沼の整骨院ならクオーレ整骨院 | 土曜日曜日も診療
HOME>院長ブログ

院長ブログ

膝の違和感  タナ障害  
スポーツをしている方にみられます。
「タナ」とは

膝の関節の内部には、関節腔(かんせつこう)という空間があり、その空間は滑膜ヒダという膜のような壁で仕切られています。そのうち膝蓋骨(膝の皿)と大腿骨(太ももの骨)の間のヒダは、ものをのせる棚のように見えるため、タナと呼ばれています。
滑膜ヒダは母親の体内にいる胎児期に一時的に作られるもので、胎児の約半数は産まれた後もそのまま残ります。特に何の機能も持たない組織であるため切除しても問題ありません。

 

うちにも、この症状の子が来ていますが、早期の治療で症状の改善がみられます。

土日も診療していますので、ご相談ください。

投稿者 クオーレ整骨院 (2016年2月 9日 12:30) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :